東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

  • TOP
  • ライフハック
  • ギガバイト(GB)とギビバイト(GiB)!?単位を正しく理解しよう!  | Maromaro Blog

2020.11.02

Sasaki

ギガバイト(GB)とギビバイト(GiB)!?単位を正しく理解しよう! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Maromaro sasakiです。

ードディスクの容量や、通信速度などで。。。
ギガバイト(GB)とギビバイト(GiB)という表記見たことありませんか?
これは、勘違いや表記の揺れではなくて意味が違うのです!

GBとGiBの違いを見ていきましょう。

まずはGB(ギガバイト)

SI接頭辞では下記のように定義されています。
テラぐらいまではおなじみだと思います。

キロ (kilo) => 1,000
メガ (mega) => 1,000,000
ギガ (giga) => 1,000,000,000
テラ (tera) => 1,000,000,000,000
ペタ (peta) => 1,000,000,000,000,000
エクサ (exa) => 1,000,000,000,000,000,000
ゼタ (zetta) => 1,000,000,000,000,000,000,000
ヨタ (yotta) => 1,000,000,000,000,000,000,000,000

ということで1,000倍毎に単位が変わります。

なので、1GB(ギガバイト)は1,000,000,000バイトなのです。

次はGiB(ギビバイト)

私は工業系の学校にいたので、完全にこちらで刷り込まれていました。

こちら、よくよく調べると「2進接頭辞」というものらしいです。(習っていたのかもしれない・・・遠い昔)
データの大きさを表す単位(ビット、バイトやオクテット)として利用します。

SI接頭辞との対応

名前 記号 乗数 SI接頭辞の乗数
キロ (kilo) k 210 = 1 024 103 = 1 000
メガ (mega) M 220 = 1 048 576 106 = 1 000 000
ギガ (giga) G 230 = 1 073 741 824 109 = 1 000 000 000
テラ (tera) T 240 = 1 099 511 627 776 1012 = 1 000 000 000 000
ペタ (peta) P 250 = 1 125 899 906 842 624 1015 = 1 000 000 000 000 000
エクサ (exa) E 260 = 1 152 921 504 606 846 976 1018 = 1 000 000 000 000 000 000
ゼタ (zetta) Z 270 = 1 180 591 620 717 411 303 424 1021 = 1 000 000 000 000 000 000 000
ヨタ (yotta) Y 280 = 1 208 925 819 614 629 174 706 176 1024 = 1 000 000 000 000 000 000 000 000

2進接頭辞の呼び方

名前 記号 乗数
キビ (kibi) Ki 210 = 1 024
メビ (mebi) Mi 220 = 1 048 576
ギビ (gibi) Gi 230 = 1 073 741 824
テビ (tebi) Ti 240 = 1 099 511 627 776
ペビ (pebi) Pi 250 = 1 125 899 906 842 624
エクスビ (exbi) Ei 260 = 1 152 921 504 606 846 976
ゼビ (zebi) Zi 270 = 1 180 591 620 717 411 303 424
ヨビ (yobi) Yi 280 = 1 208 925 819 614 629 174 706 176

WIKIから引用しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E9%80%B2%E6%8E%A5%E9%A0%AD%E8%BE%9E

2005年ぐらいから利用が進むものの、未だSI接頭辞2進接頭辞が混同されているようです。
技術が進み、ギガ以上の単位系も利用されるようになると、実際の数値との誤差が生じるようになり、徐々に利用が増えてきているようですが・・・。

しかし、普及は進んでおらず、混乱の解消には至っていない。情報技術系企業でさえ、利用度は高くはない

で、1GiBは何バイトかというと・・・・「1,073,741,824」バイトになります。

参考:1GB(ギガバイト)は1,000,000,000バイト
SI接頭辞に比べると結構な差ですね!(7%ぐらい誤差がでる)。

まとめ

データの大きさを表す単位(ビット、バイトやオクテット)などは「2進接頭辞」を利用する!

それ以外は「SI接頭辞」を利用する!

気をつけなくちゃいけないのが、HDDを購入した際に100GBの容量があります・・・といっても
「1,073,741,824」バイトあるとも限らない・・・ということですね。(四捨五入されていたり、メーカー様々)

USBスティックを購入するとして・・・

100GBの製品を購入して、パソコンに差し込んでみると・・・・あれ! 100GBより少ない?となる理由のようです。(パソコン上では2進数で計算がされる)

1GB < 1GiBですから。(7%ぐらい誤差が生じる)

100GiBあります!となっていると、キッチリ100GBと表示されるのではないでしょうか(試したことはありません)

以上、佐々木でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加