東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

2018.03.07

Sasaki

JavascriptでPDFを作ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! 佐々木です。
JavascriptでPDFを生成できるプラグインpdfmakeの紹介です
https://github.com/bpampuch/pdfmake
サーバーサイドプログラムが使えない環境で、どうしてもPDFを作りたい場合ってありませんか?

pdfmakeをダウンロード

では、早速下記からpdfmakeをダウンロードしましょう。

https://github.com/bpampuch/pdfmake/releases
Latest releaseの最新のzipファイルを落としましょう。

で、実は日本語フォントを設定しないと文字化けしてしまいます。
下記などを参考にするかと良いと思います。
https://github.com/bpampuch/pdfmake/wiki/Custom-Fonts—client-side

ひとまず、今回は飛ばしてすでに有志(naoaさん)が生成してくれたフォントファイルを使いましょう!
https://github.com/naoa/pdfmake/blob/master/build/vfs_fonts.js
このファイルを「build」フォルダにある「vfs_fonts.js」と差し替えましょう。

試してみる

ダウンロードpdfmakeを解凍した後にある「build」フォルダをコピーしてきます。(私はpdfmakeフォルダとしました)

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>JavascriptでPDF</title>
<script src='pdfmake/pdfmake.min.js'></script>
<script src='pdfmake/vfs_fonts.js'></script>
<script>

</script>
</head>

<body>
<script>

  // ここでフォントを指定
  pdfMake.fonts = {
      GenShin: {
        normal: 'GenShinGothic-Normal-Sub.ttf',
        bold: 'GenShinGothic-Normal-Sub.ttf',
        italics: 'GenShinGothic-Normal-Sub.ttf',
        bolditalics: 'GenShinGothic-Normal-Sub.ttf'
      }
    }

  var table_content = {
    table: {
      widths: '*',
      body: [
        []
      ]
    }
  };
  var table_head = ['見出し1','見出し2','見出し3'];
  var head_tr = [];
  for( let v of table_head ){
    head_tr.push({
      text: v,
      fillColor: '#dddddd',
      style: ["tableHeader", "tableCell"]
    });
  };
  table_content["table"]["body"][0] = head_tr;
  var table_body = [
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ['value1','value2','value3'],
    ]
  ;
  for( let a of table_body ){
    var tr = [];
    for( let v of a ){
      tr.push({
        text: v,
        fillColor: '#fff',
        style: ["tableCell"]
      });
    };
    table_content["table"]["body"].push(tr);
  };
  pdfMake.createPdf(
    {
    content: [{
      text: "テキストも追加できます\n\n"},
      table_content,
      {text: "\n\nテーブルの後ろに追加してみました。"}
    ],
    defaultStyle:{
      font: 'GenShin'//ここでデフォルトのスタイル名を指定しています。
    }
  }).download("ファイル名.pdf");

</script>
</body>
</html>


このHTMLにアクセスすると、PDFがダウンロードされると思います。

いかがでしたでしょうか。

気になる対応ブラウザ
Windows:IE11、IEedge、Chrome最新、Firefox最新
Max:Chrome最新、Safari最新
で確認をしましたが、問題なさそうです。(某案件で使用したので、旧ブラウザを利用しない限り問題ないかと思います。)

サーバサイドの動作ではないので、サーバに負荷をかけないのでメリットも大きいですよね。
もちろん、クライアントサイドなので、意図しないPDFが生成されることも考慮しないといけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加