東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

  • TOP
  • Web制作
  • 【WordPress】現在のページのQRコードを最も簡単に生成する方法(プラグイン不使用) | Maromaro Blog

2019.05.13

hoshida

【WordPress】現在のページのQRコードを最も簡単に生成する方法(プラグイン不使用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Chart API には、特定のURLにパラメーターとして文字列を投げるだけでQRコードを生成してくれるサービスがあります。

https://google-developers.appspot.com/chart/infographics/docs/overview

これを利用して、文字列部分に現在のページのパーマリンクを出力してあげれば完了です。

<img src="https://chart.googleapis.com/chart?chs=400x400&cht=qr&chl=<?php echo get_permalink(); ?>&choe=UTF-8" alt="このページのQRコード">

めっちゃ楽~~。

表示するのではなく、ダウンロードしてほしい場合はaタグのhrefとして設定します。

<a href="https://chart.googleapis.com/chart?chs=400x400&cht=qr&chl=<?php echo get_permalink(); ?>&choe=UTF-8" target="_blank">

なおパラメータの内容は以下の様になっています。

cht 「qr」と指定。
chs 画像のサイズ。幅x高さで指定
chl QRコードで読み取らせる文字列を指定。今回の場合はページのURL

現在のページ以外のURLで生成したい場合は、「chl」の値として設定している「get_permalink()」の部分をカスタマイズすれば可能です。

QRコードのサイズを設定できるようにしたい場合

「chs」の値が画像サイズとなりますが、上記の例では400pxで固定です。

もし、ユーザーに好みのサイズを数値を入力させたい場合は一工夫必要になります。

Google Chart APIではPOSTリクエストでもQRコードを生成できるので、フォームを作成して実現することができます。またはJavascriptを使用して、入力させた数値とURLを合成しても実現できそうです。

具体的な方法は本記事の趣旨から外れるのでまたの機会にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加