東京都府中市のWeb制作会社が運営するブログです。

2017.04.10

agawa

イラストの描き方!~人の横顔を描いてみよう!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!Maromaroの阿川です。ようやく過ごしやすい気温になってきましたね。花粉との戦いはこれから激しくなると思います。

さて今回は1年ぶりにお絵かき講座をやってみようと思います。前回は人の顔の正面の描き方でしたね。


今回はワンランクアップして、横顔の描き方講座をしようと思います。それでは行ってみましょう!

ステップⅠ:輪郭のアタリを描こう!


正面の時もアタリを描いて、どこにどのパーツをおくかを大まかに決めました。今回も同じようにアタリを描きます。今回のアタリは丸に十字を切る程度の大雑把なものです。丸に沿って四角のアタリも追加します。この四角が長くなると面長の顔の絵が描けます。上の図では左側を面長の顔にしていきます。

ステップⅡ:耳と鼻の位置を決めよう!


中央で交差しているアタリの少し後ろから好きな大きさの耳を描きます。耳の形は人それぞれですが、基本的には半円のイメージです。私が描くときはハート型の半分を描いているような気分で描いています。
次に鼻を描きます。鼻は三角形を四角のアタリに付け足す感じで描きましょう。鼻の大きさは好みですが、L字型にすると大人っぽい顔になります。

ステップⅢ:輪郭全体を描きこもう!


輪郭を描くときは少しコツが要ります。まず、前側を描くときは目の位置(ココと書いてある部分)に角度をつけ、鼻に繋げます。鼻の下は顎のラインを意識しつつ、四角いあたりの内側に描いていきましょう。
そして緩い三角を描くように、顎のラインと耳の下を繋げます。

後頭部は少し垂直にすると大人っぽくなり、丸くすると子供っぽくなります。 耳の下から斜めに線を伸ばすと首との付け根がわかりやすくなります。ここから緩やかな線で首を描きましょう。男性の場合は喉仏を出すとそれっぽくなります。

ステップⅣ:目と口のアタリを描こう!


ココと書いてある位置を目安に目を描きましょう。眼球の上に瞼を添わせる感覚で描くとうまくいきます。
口は二つの小さい山を鼻下から顎の間に描きましょう。

ステップⅤ:アタリをなぞろう!


全体のアタリができたら微調整しながら全体を濃い色で描きだします。これで大まかな横顔は完成となります!(^◇^)
横顔が描けたら好きな髪型を付け足してみましょう!

オマケ

ここで有名どころの横顔を見てみたいと思います。

ディ●ニー風、少年漫画風、少女漫画風と並べてみました。ディ●ニー風や少女漫画は目の位置より口と顎が前に出ていますね。鼻もつんとしています。少年漫画風は丸みがあまりなく、角ばった線が多いです。
このように好きな絵柄を真似して練習するのもいいと思います!

最後に

いかがでしたでしょうか!少しでも参考になれば幸いです。自分の好きなやり方が一番上達すると思うので何かのきっかけになればいいと思います。
沢山描いていけばいくほどうまくなっていくので楽しんで描き続けてくださいね!
それではまたお会いしましょう!阿川でした(・ω・)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加