東京都府中市のWeb制作会社が運営するブログです。

2016.10.11

agawa

意外と知らない?ファンクションキーの活用方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。Maromaroの阿川です。10月になりましたね!9月10月が一番好きな季節なのですが、今年は雨が多い一方、晴れれば夏のように暑くなるという…何とも過ごしにくい気候です。もっと過ごしやすくなることを祈っています。

さて今回のお話は「Fキー(ファンクションキー)」についてです。
キーボードの上にある「F」のついた数字のキー…パソコンのキーボードを使ったことがある人は誰しも見たことがあると思います。「Function」というだけあって機能のキーなのですが、私はあまり使うタイミングがありませんでした。少し気になったのでこれを機にFキーの機能を調べてみることにしました。
一般的な動作と一緒にPhotoshop、Word、Excelについても確認していきます!対象OSはWindows10です。

ブラウザ上での機能

Chrome

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2
F3検索枠を開きます。
F4
F5ページの更新をします。
F6アドレスバーを選択します。
F7
F8
F9
F10
F11窓を全画面に表示します。
F12開発者ツールを開きます。

IE

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2
F3検索枠を開きます。
F4アドレスバーを選択します。
F5ページの更新をします。
F6アドレスバーを選択します。
F7カーソルブラウズのオン/オフの切り替えをします。
F8
F9
F10
F11窓を全画面に表示します。
F12開発者ツールを開きます。

エクスプローラー上での機能

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2選択したファイルやフォルダなどの名前を変更します。
F3フォルダやファイルの検索ツールを開きます。
F4アドレスバーを表示します。
F5フォルダ内の更新をします。
F6選択したファイルの撮影日時を変更します。
F7
F8
F9
F10キーヒントを表示/非表示にします。
F11全画面に表示します。
F12

Photoshop上での動作

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2「Ctrl+X」と同じくカットのショートカットです。
F3「Ctrl+C」と同じく、コピーをするショートカットです。
F4「Ctrl+V」と同じく、貼り付けのショートカットです。
F5ブラシパネルを表示/非表示にします。
F6カラーパネルを表示/非表示にします。
F7レイヤーパネルを表示/非表示にします。
F8情報パネルを表示/非表示にします。
F9アクションパネルを表示/非表示にします。
F10
F11
F12復帰(保存直後の状態)に戻します。

Word上での機能

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2文章を選択した状態でF2を押し、挿入させたい場所でEnterを押すことで文章を移動させます。
F3
F4直前にした動作を繰り返します。
F5ジャンプ窓が開きます。
F6上部のメニュー、作業エリア、下部のページ切り替えやズームのエリアを切り替えます。
F7スペルチェックのウィンドウを開き、選択箇所のスペルチェックをします。
F8選択範囲を拡張します。
F9選択したエリアを更新します。
F10キーヒントを表示/非表示にします。
F11次のフィールドに移動します。
F12名前を付けて保存をします。

Excel上での機能

F1「ヘルプ」や「サポート」を表示します。
F2選択したセルを編集します。セルをダブルクリックした時と同じ動作です。
F3セルの範囲に名前を付けます。
F4直前にした動作を繰り返します。
F5ジャンプ窓が開きます。
F6上部のメニュー、ワークシート、作業ウィンドウ、ページレイアウトの切り替えやズームのエリアを切り替えます。分割したページがあればそこも含まれます。
F7スペルチェックのウィンドウを開き、選択箇所のスペルチェックをします。
F8選択範囲を拡張します。
F9開らかれているすべてのワークシートを計算します。
F10キーヒントを表示/非表示にします。
F11選択した範囲をグラフ化してグラフの新規ページを作成します。
F12名前を付けて保存をします。

オマケ:文字変換するときの機能

F6文字をひらがなに変換します。
F7文字を全角カタカナに変換します。
F8文字を半角カタカナに変換します。
F9文字を全角英数字に変換します。
F10文字を半角英数字に変換します。

最後に

以上がF1~F12の大まかな機能になります。ソフトごとに違う機能も備わっているので、確認してみてはいかがでしょうか?きっと作業が格段に速くなると思います。私も今後どんどん活用していきたいです。
それではまたお会いしましょう!阿川でした(・ω・)ノシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加