東京都府中市のWeb制作会社が運営するブログです。

2017.05.15

Sasaki

Web屋でも簡単にIoTできる! Raspberry Piを使ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは佐々木です。

早速ですが、IoT:Internet of Things(モノのインターネット)したいと思います。

インターネットに接続しているからにはWebとの親和性抜群ですよね!

昨今は高度な専門的知識がなくとも、Web制作で培ったスキルで簡単にIoTできる時代になってきました。

まず、IoTって何ができるの

簡単にいえば、機械、家電製品、その他etcがインターネットに繋がって、何かインプット、アウトプットすること。

例えば・・・

気温を検知して、一定の温度以上になったらSlackやメール通知したり。
入口に赤外線センサーや、圧力センサー等を使って、人が通ったら画像付きでデータベースに記録するとか。
スマホからエアコンを制御したり。
犬がエサを食べたら通知したり。
ブラウザからパトランプを制御してイタズラするとか。

いやもう色々考えられるのでワクワクしてきますね!

まず、Web屋がサクサクっとスタートアップするために必要なもの

現時点では「Raspberry Pi 3」を購入しましょう。
Raspberry Pi 3は既存でWifi、Bluetoothに接続可能ですが、以前のバージョンだと自分でパーツをくっつけないとなりません。

基本的にAmazonで購入できるので、翌日には試せてしまう!

Raspberry Pi 3を使う

まずはモノを制御するための物が必要ですよね。

下記は筆者のRaspberry Pi 3です。 値段も手ごろで6000円しないで購入できます。

Raspberry Piは言ってしまえば小さなパソコンで、OSを搭載しています。
OSが搭載されているので、モニターを繋げて確認したりできますし、Wifiでの接続やBluetoothなんかも簡単に扱えます。

スペックもなかなかのもので、Raspberry Pi 3の特徴的な部分だけピックアップすると。

CPU クアッドコア:1.2GHz
メモリ 1GB
ネットワーク 有線LAN,Bluetooth,wifiでの接続

上記のように素晴らしい性能を持っています。
気になるWeb上での情報も豊富です。

Bluetoothが使えるので、某S〇NY製コントローラーからも制御できたりします。


Amazonで簡単に購入ができるので、思い立ったらトライしてみましょう!

様々なセンサーやカメラ、モーター等を使ってインターネットと繋げる

  • モーターを制御
  • カメラを使う
  • 気圧・気温・湿度を測る
  • 赤外線を送受信
  • タッチに反応
  • 音に反応
  • レーザーを送受信
  • 傾きを検知
  • 磁気を使う(カードリーダーとか)
  • GPSを利用
  • 超音波で距離を測る

他にも色々なセンサーやモジュールが用意されています。ワクワクしてきちゃいますね!

因みに私はAmazonで下記をとりあえず購入しました。
下記は色々なセンサーが入っていて結構楽しめます。

以上、サクッとIoTをはじめるための準備になります。

色々やってみて気づくのですが、物理的な調整の方が疲れます・・・
例えばカメラの位置だったり、モーター制御したりする際の躯体だとか、電波的ノイズだったり。

ひとまず簡単にはじめてみて、触れてみる事が重要だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加