東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

2018.12.25

chie

流行色2019

決定!2019年の流行色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MaromaroのChieです。
さて、今年もアメリカのパントン社が選ぶ「カラー・オブ・ザ・イヤー」と日本のJAFCA(一般社団法人 日本流行色協会)が選ぶ「今年の色・来年の色」が発表されましたね。
発表されたカラーは流行色として使用されることが多いので、今年もバッチリご紹介!

2019年のカラー・オブ・ザ・イヤー

パントン社は2019年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」に、活気を与え人生を肯定するような、明るい将来を思わせるオレンジの色合い、Living Coralを発表しました。

リビング・コーラル PANTONE 16-1546 Living Coral

「Living Coral」はオレンジとピンクを混ぜたような可愛い色合いのカラー。

生き生きとした生命の力であるサンゴをイメージした、明るく柔らかな色合いですね。
2018年に発表された「ウルトラバイオレット」は寒色系でしたが、今回は暖色系となり、2018年とはガラリとイメージが異なります。

カラー数値

#FF6F61
C:0 M:71 Y:56 K:0
R:255 G:111 B:97

2018年の今年の色・来年の色

JAFCAは2018年の「今年の色・来年の色」を2018年11月16日(いいいろの日)に発表。
今年の色:ビジョナリーミント
来年の色:アウェイクニングオレンジ

今年の色(2018年) ビジョナリーミント Visionary Mint

※前回の記事より抜粋

新しい展望を象徴する、明るいミントカラーである「ビジョナリーミント
ビジョナリーミント

Visionary ビジョナリーとは、「将来を見通した、想像力のある」などの意味を持つ言葉で、混迷を極める時代に風穴を開けて、明るく、爽やかに進んでいきたいという気持ちを込めて選定したそうです。その理由として、3つの理由があるようです。

・将来を見通した、想像力のある、独創的
・爽やか、軽さ、透明感
・きれいな空気と水

カラー数値

マンセル値:2.5B9/2.5
系統色名はベリーペールブル

カラーコードは公表されていませんが、公式の画像から抽出したカラーは#bce1ddあたりでしょうか。
ビビットなミントグリーンというよりかは、少し落ち着いた感じのミントグリーンという印象です。

来年の色(2019年) アウェイクニングオレンジ Awakening Orange

新しい時代に向かうイメージのある「アウェイクニングオレンジ

Awakening Orange

Awakeningとは、「覚醒、目覚め、気づき」という意味を持つ言葉で、元号が変わる2019年に向け、「気づき」をもって新しい時代に向かうようなイメージである、オレンジを選定したそうです。その理由として、以下の3つの理由があるようです。

覚醒、リスタート
目の覚めるようなフレッシュなオレンジの香りは、新しい未来に踏み出す、前向きなエネルギーの象徴。

コミュニケーション、寛容さ
オレンジは温かいひだまりや、楽しくにぎやかな会話を連想させる色であり、幸福感や寛容さを思い起こさせるきっかけを。

スポーツ、健康
オレンジは生き生きとした生命の力を感じさせる色であり、スポーツや健康に合うイメージの色。

カラー数値

マンセル値:4.7YR6.8/11.4 
系統色名:ストロングオレンジ

まとめ

2018年の流行色は、「ウルトラバイオレット」と「ビジョナリーミント」が選ばれ、ともに寒色系ではありましたが、違う印象のカラーだったため、使いかたもいろいろとありましが、2019年に関しては、「リビング・コーラル」と「アウェイクニングオレンジ」といこともあり、同じオレンジ系となりました。
Webに使うには、差が少ないため、デザインに取り入れるさいにはどちらかを採用する形になりそうですね。

流行色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加