東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

2019.12.16

chie

決定!2020年の流行色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MaromaroのChieです。
さて、今年もアメリカのパントン社が選ぶ「カラー・オブ・ザ・イヤー」と日本のJAFCA(一般社団法人 日本流行色協会)が選ぶ「今年の色・来年の色」が発表されましたね。
発表されたカラーは流行色として使用されることが多いので、今年もバッチリご紹介!

2020年のカラー・オブ・ザ・イヤー

パントン社は2020年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」に、落ち着き、信頼、つながりをもたらす安心感のある存在 の色合いとして、Classic Blue(クラシック・ブルー)を発表しました。

クラシック・ブルー PANTONE 19-4052 Classic Blue

「Classic Blue」は夕暮れの空を連想させるブルーの色合いです。

夜空のような深いブルーですね。
精神的に穏やかで安定した色合いのブルーは、集中力を高める効果があり、信頼と信用を必要とする時代にふさわしい色として選ばれました。

2019年に発表された「リビング・コーラル」は暖色系の暖かい色味でしたが、今回は寒色系となり、一昨年の「ウルトラバイオレット」に近いイメージですね。

カラー数値

#014c86
C:100 M:65 Y:0 K:27
R:0 G:70 B:128

今年の色(2019年)・来年の色(2020年)

JAFCAは2019年の「今年の色・来年の色」を2019年12月2日に発表。
今年の色:オレンジ
来年の色:ヒューマンレッド

来年の色(2020年) ヒューマンレッド Human Red

豊かな感情と身体の躍動を象徴するレッド 「ヒューマンレッド

ヒューマンレッドが選定された背景としては、デジタル化が進む中、人間らしさに注目し、人ならではの豊かな感情や身体の躍動感を象徴する色として選定したそうです。その理由として、以下の3つの理由があるようです。

豊かな感情
デジタル化が加速する今、人間らしい心の交流が求められます。2020年の色はヒューマンレッド。人間の豊かな感情を表すかのような「人間らしい」赤です。

未来を創る行動力
未来を創る一歩を踏み出す時には、血の通った行動、血の通ったモノづくりが共感を得るでしょう。ヒューマンレッドは循環する血の色、未来へ進む人々の命の色です。

スポーツそして高揚感
2019年の際にも「スポーツ、健康」が理由の一つにありましたが、2020年は東京オリンピックが開催されることもあり、日本の国旗に使われている赤を目にする機会が多くなることあり、選手・応援する側も大きなエネルギーを生み出す赤に高揚感を与えられます。

カラー数値

マンセル値:6.5R5/14
系統色名:ビビッドレッド
R=229 G=1 B=18
#e50012

今年の色(2019年) オレンジ

今回初めて、WEBを使った一般からの投票により、「今年(2019年)の色」1色を決定されたようです。
選ばれた背景としては、令和という新しい時代を迎えたことで、フレッシュさや未来への期待を感じることができ、それに相応しい色だと思うという意見が多かったそうです。

新しい時代への期待を表す「オレンジ

WEBによる一般の方からの投票結果となっており、予めJAFCAスタッフの方が選んだ15色より、「今年のムードを象徴すると思う色」1色を選び、その理由もあわせて回答いただき、数の多かった色を今年の1色として決めたそうです。

まとめ

2019年度はパントン社と日本のJAFCAともに、暖色系でしたが2020年度はパントン社が寒色系、JAFCAが暖色系と正反対の色となりましたね。
2020年は東京オリンピックの年ということもあり、ヒューマンレッドカラーを見る機会が増えそうですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加