東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

  • TOP
  • Web制作
  • 決定!2022年の流行色 | web制作会社 Maromaro Blog

2022.01.24

chie

カラー・オブ・ザ・イヤー

決定!2022年の流行色

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。MaromaroのChieです。

昨年12月にアメリカのパントン社が選ぶ「カラー・オブ・ザ・イヤー」と日本のJAFCA(一般社団法人 日本流行色協会)が選ぶ「今年の色・来年の色」が発表されました。
発表されたカラーは流行色として使用されることが多いので、今年もバッチリご紹介!

2022年のカラー・オブ・ザ・イヤー

パントン社は2022年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」に、「勇気ある存在感が、個人的創意工夫や創造性を後押しする」をイメージする色合いとして、Very Peri(ベリーペリ)を発表しました。

2021年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」には、Ultimate Gray(アルティメット・グレイ) + Illuminating(イルミネイティング)とグレイとイエローの2色が発表されましたが、2022年は既存のカラーではなく、紫がかった淡いブルーの新色、PANTONE® 17-3938 Very Periが選ばれました。

PANTONE® 17-3938 Very Peri(ベリーペリ)

「Very Peri」は、活気のある赤紫の色味を帯びたダイナミックで紫がかった淡いブルー色合い。

カラー・オブ・ザ・イヤー

パントン社の記事によると—-
コロナ渦による変革の時代に新色として加わった、「PANTONE 17-3938 Very Peri」は、今のグローバルな情勢と私たちが経ている変遷の象徴であり、クリエイティブ精神を活気づけ、ブルーの持つ誠実さと不変性、レッドの持つエネルギーと興奮を融合させた、幸せで最も暖かいブルーの色合いは、元気を与える新しい素として選ばれました。
「PANTONE 17-3938 Very Peri」は未来を新たな光で照らし出すと述べています。

カラー数値

HEX #6667AB
sRGB R:102 G:103 B:171
LAB 45.75, 12.21, -36.75

今年の色(2021年)・来年の色(2022年)

JAFCAは2021年の「今年の色・来年の色」を2021年12月に発表。
今年(2021年)の色については、昨年同様にWEBサイトにて一般の方に色を投票して決定したそうです。来年(2022年)の色は、JAFCAが選定した色ですが、単に流行する色という意味ではなく、2021年のムードを象徴するさまざまなキーワードを包含した、その年の「テーマカラー」として選定したとのこと。

今年の色:グレー GLAY
来年の色:ジョリーコーラル Jolly Coral

来年の色(2022年) ジョリーコーラル Jolly Coral

“明るい希望を描く、光満ちるコーラル” 「ジョリーコーラル

カラー・オブ・ザ・イヤー

2021年はゼロから始めるタイミングの年として、「ゼロホワイト」が未来の色として選定されていましたが、2022年は「2020年、2021年と暗く長いトンネルを歩いてきた私たちを導き、心身を労わってくれる、蛍光みを帯びた軽く鮮やかなコーラル」ということで、ジョリーコーラルが選定されました。

2021年の真っ白なキャンパス(ゼロホワイト)に、初めに描く色は、明るく楽しく、希望に心躍る色(ジョリーコーラル)という流れのようです。

JAFCAの記事によると—-
「オレンジは一般的にポジティブなイメージを抱きやすく、また、コミュニケーションや、興奮、活動をイメージしやすいと言われています。やや赤みを帯び、優しく発光するようなコーラルオレンジは、前に進む力を与えてくれるかのようです。長く沈み停滞していた心にふわっと光が差すような鮮やかで軽い色、疲れた心身にビタミンと喜びをチャージしてくれる色として、ジョリーコーラルを選定しました」

カラー数値

#ef8961
sRGB R=239 G=137 B=97
マンセル値:10R8.7/11.6
系統色名:ビビッド・イエロイッシュ・ピンク
※蛍光色のため数字は参考値です

今年の色(2021年) グレー

2019年から始まった、WEBを使った一般からの投票により、「今年(2021年)の色」1色を決定されたようです。
2020年今年の色もグレーだったので、引き続き「コロナ禍の不安な気持ちを表すグレー」の意見が多かったようです。

2021年の流行色

WEBによる一般の方からの投票結果となっており、その理由としては、コロナ禍における不安な気持ちを表現したものが大多数のようです。「先行きが見えない不安な気持ち」、「自粛が続き閉塞感があった」、「曖昧で曇り空のようにすっきりしない感じ」、「状況が目まぐるしく変わり混沌としていた」といった言葉が挙げられていたようです。

カラー数値

R=205 G=209 B=210
#cdd1d2

まとめ

パントン社は新しい象徴を打ち出したカラー、JAFCAは明るく元気を与える色とイメージは異なりますが、未来に向けたカラーになっているように感じました。
まだまだ落ち着かない世の中ですが、新しい挑戦に向け明るい未来が開けていけるとよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加