東京都府中市のWeb制作会社が運営するブログです。

2017.10.30

chie

PhotoshopCC2018

Photoshop CC 2018で何が変わったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!Maromaroのchieです!

台風が立て続けに来て、天気の悪い日が続きますね。
私はうっかり風邪をひいてしまいましたが、栄養ドリンクと風邪薬(併用OKなもの)を服用したら、身体がすごく楽になり、逆に効き過ぎて怖くなってきました。

さて、今回は前回佐々木が「Dreamweaver CC 2018」の変更点について書いていましたが、それに引き続き「Photoshop CC 2018」の変更点についてまとめました。

ツールの解説

ツールにカーソルをあわせると解説(ヒント)が表示されるようになりました。
しかも動画なので普段使わないツールでもイメージがつきやすいです。
一瞬カーソルをあてただけだとパッと消えてしまうので、最初バグ?って思ってしまったのは秘密です・・・

Photoshop CC 2018

レイヤーのコピー&ペースト

なんといってもこの機能が一番のオススメです!
これ!本当待ってました機能で感動しました。
今まではコピーしたいレイヤーを選択した状態でないと複製できなかったのですが、IllustratorやFireworksのように情報を保ったまま、ドキュメント内にコピーできるようになりました。
このアップデートだででもWeb制作者としてはかなり嬉しい機能の追加です。

Photoshop CC 2018

曲線ペンツール

Illustratorの曲線ツールと同様の動きをします。
より直感的に使用することができるので、アイコン作成もよりスムーズにできそうです。

Photoshop CC 2018

ブラシストロークのスムージング

こちらはイラストを描く方にはとっても嬉しい機能だと思います。
つまりは手ぶれ補正ということで、今までそれが実現出来なかったから線画は別のツールを使っていた。
という人でも、これならPhotoshop CC 2018使ってみようと思える機能です。

Photoshop CC 2018

バリアブルフォント

こちらも使いこなしたらなかなか良い機能。
Adobe、Apple、Googleの新しいフォントテクノロジーで、サポートされた各フォント内で、幅、高さ、傾きなどを設定できます。
あとちょっと太さが欲しいけど、フォントセットにはこれ以上の太さ設定が無い!なんてことありましたが、そんなことがなくなる便利なフォントです。
Photoshop CC 2018にいくつか同梱されていて、フォント名に「Variable」が付いてるフォントです。

Photoshop CC 2018

Photoshop CC 2018

PNG保存オプション

PNGの圧縮率が選べるようになりました。
Web保存からでなく、新規保存もしくは別名で保存で「PNG」を選択したときに出てきます。

Photoshop CC 2018

その他のアップデート内容

ブラシ整理の強化

ブラシの目的に合わせてブラシプリセットを保存。

クイック共有メニュー

Photoshop CC 2018で作成した作品をメール、テキスト、SNSなどに直接送信。

360パノラマワークフロー

360°パノラマをPhotoshopで編集して書き出し。

Lightroomの写真へのアクセス

Photoshop 内から直接、検索またはスタート画面を通じて Lightroom クラウドサービスからフォトを取得。

属性パネルの改善

複数のレイヤーを選択し、テキストの関連の設定が行えるようになり、フォント、サイズ、行間、カラーなでも行えるので、もはや文字パネルは使わなくなりそうです。
Adobe Stockサイトでの画像表示や類似画像の検索を行え、属性パネルからライセンスを取得できるように。

プレーンテキストとして貼り付ける

スタイル設定なしでテキストをペーストできるように。

選択とマスクの向上

クイックマスクの高速化、直感的な表示モードの設定など。

HEIFのサポート

PhotoshopでHigh Efficiency Image File(HEIF)フォーマット(Appleによる対応)が、macOS 10.13およびiOS 11.0でサポートされるようになりました。ブラーフィルターを使用して被写界深度の効果を作成できます。

Microsoft Dial サポート

ブラシのサイズ、硬さ、不透明度、フロー、スムージングなどのブラシパラメーターを調整します。

全体のパフォーマンス向上

主要なアーキテクチャ作業でのPhotoshopの反応が高速化。読み込み時間の短縮化により、作業をすばやく開始。

その他の強化機能

顔認識機能での顔認識の向上、パフォーマンスと安定性の向上、大きなファイルの高速保存、コンテンツに応じた切り抜きと輪郭の修復など。

アイコンが丸くなった

Photoshop CC 2018

まとめ

今回のアップデートではWeb制作にも充実した内容でもあるように感じました。
使いこなして、快適なPhotoshop ライフを送りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加