東京都府中市のWEB制作会社Maromaroのブログです

  • TOP
  • ライフハック
  • Web制作会社で働きたい!でも、うまく面接に受からない人に向けて[中途採用向け] | Maromaro Blog

2020.02.03

Sasaki

Web制作会社で働きたい!でも、うまく面接に受からない人に向けて[中途採用向け]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Maromaro佐々木です。
今回は、小規模Web制作会社で働きたいけど、うまく面接に受からない人に向けた内容です!

少ない枠ですが、弊社でもクリエイターの方を募集しています。
昨今、買い手市場と言われている中で、応募をいただく件数は多いみたいです。

ですが、応募をいただく中で、いわゆる採用レベルに到達していなかったり、先々不安に感じる、などと思うところがあります。

比較的に、人気職業ではあると思うのですが、うまくいかないな〜と嘆いている方の助けになればと思います。

Maromaroが面接時に重要視している3つのこと

-ポートフォリオ
-学習しているか
-コミュニケーション力
です。

下記で解説していきます。

ポートフォリオ

Maromaroでもっとも重要視しているのが、ポートフォリオです。

ポートフォリオを見て、まずとっかかりの採用レベルに見合っているか判断しています。

どうしても、文字だけで自身のやれる事を表現しようとしがちですが、
実際のデザインや、HTMLソースを見れると、採用側は安心します

ポートフォリオに載せる内容なんてないよ!
という方も、自習した内容などをまとめると良いと思います。

ところで、デザインであればまとめやすいが、HTMLコーディングなどはどうやって見せたら良いのか?

どこかレンタルサーバなどにアップして、ソースコードが閲覧できる状態にしましょう。

私はHTMLコーディングできます!だけでは、こちらも不安になってしまいます・・・。

例えば、弊社では下記などを判断材料にしています。

Webデザイナー デザインのクオリティ、デザインの幅、制作ツールなど
※自身の無い方はWebデザインのまとめサイトなどで見比べておきましょう。
HTMLコーダー 実際のHTMLコード、扱えるCMS(Wordpressなど)、SCSS
※レスポンシブコーディングに対応できるか?が重要です。
プログラマー 関わった案件や、自作したプログラムの内容や実装した機能
※利用できる・したことのあるフレームワークや言語なども
その他 gitなどの利用経験や、Web制作にまつわるスキル
※新しいトレンドのスキルがあると重宝されます。

ポートフォリオが現在用意できていない人は、ちょっと面倒かもしれません。
ただし、よっぽどの経歴を持った中途採用でもなければ、ポートフォリオが無い状態ですと、採用は厳しいです。

会社によっては、入社時にテストがある会社もあるみたいですね。

スキルが重要視される現場です。

学習しているか

Web制作の現場は、新しい技術の流れがとても早いです。
新しいことを取り入れているか? 本当にこの現場に耐えられるか判断しています。

未経験でも情報を得るためのWebサービスやアプリはたくさんあります。
面接時にどういったコンテンツを利用しているか答えられると良いですね。

よく、学ばせてください
というスタンスの方がいらっしゃいますが、Web制作の現場で手取り足取り指導することは厳しいのが現実です。

基本は自身で学び、高度な部分や、どうしてもわからない部分を先輩などに聞くのが良いと思います。

こちら、ポートフォリオにも絡んでくるのですが、未経験で職業訓練所で行った作業をポートフォリオにされている方がいらっしゃいます。
職業訓練所のみのポートフォリオより、自分自身で学習した内容も、相手がわかるようにしておくと良いでしょう。(面接時の口頭ベースではなく)

コミュニケーション力

最後にコミュニケーション力です。

社会人経験が長い方であれば問題ないとは思いますが、コミュニケーション力とは、友達が多かったり、お喋りが好きとかそういうことではありません!(笑

Web制作現場では、色々なレイヤーで動いている方がいます。
一人だけで完結してしまう現場もまれにありますが、小規模案件などでしょう。
それであっても、クライアントは必ずいますので、コミュニケーション力は重要になってきます。

円滑に仕事を進めていく上で、他者とコミュニケーションが取れるか?ということです。

Web制作会社は、あまり人と喋らずにもくもく作業していると思われている人もいるみたいです。
弊社では、会話を重要視していますが、どこの会社でもチャットなど、コミュニケーションを取ることは重要になってきます。

もちろん、面接時は会話でのやりとり(Web面接であっても)になると思います。
ですので、歯切れよく答えられるようにしておきましょう!(笑顔も重要ですよ)

おわりに

最後に、Web制作の仕事は好きでないと続きません

比較的ハードな現場が多いと思いますし、覚える事もいっぱいです。
ですが、達成感も高く、やりがいのある仕事だと思います

以上、みなさんの参考になると嬉しいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加